大雪山のふもと

4年前の夏は、こんな景色の道を

毎日のように夫にお弁当を届けにドライブしていました。

朝起きられないねぼすけなので、

午前中にゆっくり作って温かいうちに届けていました。


冬にはこの道はどこまでも真っ白な雪原となり

それはそれはきれいでした。


凍てつく寒さの中でも、北海道東川のママ友・夫の職場の方たちに支えられ

心あったかい日々を過ごしていました。


永住はかなわかったけど、第二の故郷が出来たことは

私の心の拠り所になっています。



真冬の氷祭りの時、氷でできた大きな滑り台を、

大人も子供も楽しんでいるのを見て、すごいな~と眺めるだけだった一年目。

二年目は私も滑ることのできる格好をして出かけ、

ちょっとはずかしかったけど勇気を出して滑ってみました!

最高に楽しかった!子供もそれを見てうれしそうでした。


ウィンタースポーツはどれも苦手だけど、滑り台はできる!(笑)

厳寒の街だからできる遊びを堪能したことは素晴らしい経験。


去る者日々に疎しですが、私にとってはあの数年間は

宝物の経験としていつまでも鮮明に心にあります。


またいつか北海道を長距離ドライブしたいなあ。

どこだって、懐かしい場所になりえるのです。