今年もよろしくお願いいたします!

0時ちょうどは息子を抱き締めて。

夫は娘を抱いて年を越しました。


新年の汽笛が響く夜道を、

息子と手繋いて氏神様へ。

小さい頃から通った神社。

幼馴染がちらほらと。

息子も仲良しの同級生を見つけて、

キャッキャ遊んだり、

恒例のトン汁と甘酒をいただいて、

笑顔で新年を迎えました。


手をつないで帰る道すがら、

今年はどんな年にしたい?

と聞くと

「犯罪や、悲しいことがない年にしたい」と。


どんな自分でいたい?と聞くと

「やさしい、つよい、くわしい、ちょっと厳しい、

感じる、思う、あと遊ぶ!」

と息子は言いました。


私もそうありたいなと、帰ってきてから手帳に一緒に書きました。



毎日毎日が奇跡の連続。

愛おしい尊い出来事に溢れています。

それに気づける私でいられますように。

今年もよろしくお願いいたします