タロットという、相棒

高校の頃に、うっとりと惚れ込んだカード。


今でも好きで、ずっとそばにいます。
こと恋愛では、リアルな答えをくれる。

タロットのデッキ(ひとそろえ)は、
その時により紙質・印刷も変わったりするので、
新しい同じデザインを買っても、
手馴染みが悪くて、やっぱり古いものを使ったり…
になりがち。

このデッキ、実は皇帝がウサギにかじられています。
でも使い続けている。
タロットは、使い手が無意識になれるのであれば、
絵柄の方を表にしたままシャッフルしても構わないと私は思っています。

欠けているのが皇帝だとわかっていても、
それを意識せずにシャッフルし、展開することができるので、
実占には全く支障ないのです。

そんなことより、ペラペラでテカテカの新品の方が、
相棒感がなく滑ってしまったりして
使いにくいこともあるもんね。

古くからの相棒であるタロットは、
どんな男よりも、もしかしたら夫よりも(笑)
互いに知り尽くした存在なのです。