星の王子様

母の本です。

わたしが生まれる前の版。


母が乙女の頃に読んでいたんでしょうね(笑)

なんとなくかわいくて、
紙の感じもやさしくて、
軽いハードカバーのまろやかなてざわりも、
なんとなく、良い。

普段は普通に本棚にならべていて、
そんなに大事にしてないけど(笑)
でも心のどこかで宝物。
たとえば人生の切り替わりの時、ふと目の前にあって、
手を伸ばしてその感触に癒されて、
自分が自分であることを再確認する。
手に取るだけでホッとするような、
もしかしたらα波でてる?と思うようなw
不思議なアイテム。


小さい頃から一緒だからかな。
でも読んでもらった記憶も、
自分で読み込んだ記憶もない。

ただそこにあるだけ。

物語としてではなく、
物として、そこにあることが、
ホッとする宝物です。





追伸

なんとなしにアップした記事でしたが、
今日6/29はサン=テグジュペリのお誕生日なんですね★

びっくり‼️