北口本宮冨士浅間神社

息子10歳の誕生日に、
またお参りしたことがなかった北口本宮冨士浅間神社へ。

このあたりは不思議とご縁があり、
夫との馴れ初めに実は関係あったり…
火祭りのおわりかけの、くすぶる街を回ったことがあったり(笑)
もちろん神社の前も何十回も通っています。
でもなぜか、もったいぶって参拝することがありませんでした。

結婚する前、一度妹と初詣に来ようとした時も、箱根の山を駆け下りてる時に寒川神社にものすごい勢いで呼ばれて御殿場で方向転換したこともあります(笑)
このエピソードはちょっと不思議なので明日昔のブログからコピペしようかな。
十数年越しの念願のお参りになったのは、この日のためだったのかな?と思えるような1日の始まりです。


空が白んできてあたりが見えるようになると…
ケアラシに包まれる山中湖の幻想的な水面に白鳥♡
ケアラシ大好き。
私の中のジンクスで、たっぷりのケアラシに包まれるのは良いことの前触れなんです。
今日は見えないかな…と、思っていた富士山も
ケアラシに隠れていただけでしたw
移動するとこんなにも晴れ!
浅間神社の神様は富士山の女神。
参拝前に見事な姿を見せてくれました。
道から入ってすぐなのに、
山奥のような静かさ。
いつも目の前を通り過ぎる時は
この杉林のずっとずっと奥に拝殿があるように思っていましたが、
案外すぐなんですね!
大きい!すごい!と興奮気味(笑)
大きな御手水鉢に「神様のお風呂だな」と、息子。
家族揃って、清々しい気持ちでお参りしました。



境内をぐるりとまわると、拝殿右手奥に登山道入り口が。
登山道から振り返ると、紅葉がはじまっていました。
荘厳と思いきや、なんと、親しみ深い
慈愛の神域。
思わずリラックスして長居いたしました。

さあ、この後も尋ねる神社があるのです。

つづく

✴︎ Harmonia

鬼丸 織江 『ハルモニア』