河口湖浅間神社

お不動様お参りの後下界へ降り、
朝ごはんは宿でいただいていたのに、
なんだか美味しそうなパン屋さんをみつけ
いくつか買ってしまうなど。

普通の街角の小さな地元密着商店なのですが、
お店の一角がパン工房になっていて
焼きたて・美味しそう・リーズナブル!

店先にサンドウィッチと看板があって、
値札の付いていない大きなプレートに入った美味しそうな
シンプルサンドウィッチが何皿も冷蔵庫にありました。
注文の品なのかもしれません。
お盆で集まる親戚や、里帰りの孫たちのためのオーダーなのかな?
想像を膨らませてほっこり。
アップル&シナモンのコッペパン
スイーツみたいにおいしかったです。

そしてレーズンいっぱいのパンやドーナツも。
コンビニでコーヒーを買って、河口湖湖畔で食べました。
しかし、暑すぎる…
息子は湖で遊びたいとごねる…
モヤモヤ…(笑)


暑さから逃げこむように訪れたのは、
河口湖浅間神社です。
以前暗くなってから鳥居まで来たことがあり、
いつかはちゃんとお参りしたいと思っていました。
古そうな石段をあがります。




拝殿は歴史を感じさせる佇まい。
横に広がる拝殿の様式が好きです。

娘が手を合わせる写真を実家に送ると、
「お参り名人だね」と(笑)2歳にして名人とは
そのコミカルな表現に笑ってしまいました。

そして裏にまわると…
七本杉…と言われる天まですっくと伸びる
美しい大木に出会いました。
その七本のうちの夫婦杉。寄り添っています。

そして最高に美しかったのが…

私たちが想像できないほど長い長い月日を
悠然と生きて来たはずなのに、
まるで子供のように生き生きはつらつとした
エネルギー。
若々しく瑞々しく、何よりも純粋。
こんな気持ちにさせてくれる木が今まであったかなと。
本当に衝撃に近い感動でした。
娘もこの杉が一番気に入ったようで、
まぶしげに見上げた後、手を合わせ、
長い時間目をつぶっていました。


今まで私の中で河口湖は、
御坂みちの道程としての位置付け。
下道で山梨へ行く街道イメージが強いのは
若い頃から遠出マニアだったサガです。

昼間は避けて通り過ぎるため
素晴らしいスポットを見過ごしていました。

あらためて来てよかった♡
霊泉と河口湖浅間神社とあのパン屋さん、
セットでまた来ようねと家族で話しました。